トーストマスターズの沿革 Toastmasters’ History

トーストマスターズは1924年に米国カリフォルニア州で設立されました。現在、トーストマスターズの国際本部は米国コロラド州にあり、北米を中心に世界143カ国にクラブがあり、現在35万人以上の会員の方々が、16800ものクラブで活動に参加しています。

日本では1955年に東京と福岡で最初のクラブが誕生し、現在4,000人を超える会員が北海道から沖縄までおよそ200ものクラブで活動しています。
米国が発祥 の地であるため、英語での活動が基本ですが、「人前で話す」ことが本来の目的なので、英語圏以外の国では母国語での活動も行われています。教材はフランス語、スペイン語、ロシア語、中国語、日本語等にも翻訳されており、日本や台湾 では日本語の例会が、東京や名古屋、熊本、あるいは台北などの主要都市で盛んに開催されています。

クラブの形態はさまざまで、企業内のクラブ、学校内のクラブ、地域のクラブが一般的ですが、このほかに軍隊や刑務所で活動しているクラブもあります。

Toastmasters International is a non-profit educational organization that teaches public speaking and leadership skills through a worldwide network of clubs. Headquartered in Englewood, Colo., the organization’s membership exceeds 358,000 in more than 16,800 clubs in 143 countries. Since 1924, Toastmasters International has helped people from diverse backgrounds become more confident speakers, communicators, and leaders.

In Japan, first Toastmasters was established in Tokyo and Fukuoka. Now more than 4000 members are enjoying Toastmasters’ activities in over 200 clubs.